WordPressや旅・買い物・勝手な情報!

AMP for WPプラグインで簡単にAMP対応してみよう!

グーグルアドセンスでの最適化提案で、下記の様に「Accelerated Mobile Pages(AMP)を取得しましょう」とAMP対応を推奨されます。
 

 
AMP対応をすることで、高速表示が可能になります。これは、AMP対応ページがAMP CacheというAMPページを配信するためのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)によってキャッシュされ、ユーザー表示要求にAMP Cacheに保存されているキャッシュからコンテンツが返されるからです。
 
AMP ページを使うと、次のような多くのメリットが見込めると説明があります。

・モバイル トラフィックの増加
・ユーザー エンゲージメントの強化
・どの端末やプラットフォームでも安定的に処理が高速化

 
そんなにメリットが多いのであれば、AMP対応するしかありませんね。
しかし、サイトによってはデメリットが大きい場合もあるようですので、AMP対応は自己責任にてお願いします!

スポンサーリンク

 
 

AMP for WP のインストールと有効化

WordPressの管理画面で、「プラグイン」−「新規追加」をクリックします。
キーワードに「AMP」と入力して、プラグインを検索表示すると「AMP for WP」が表示されますので、インストールして有効化してください。

 

 
 

AMP for WP の設定

管理画面の「AMP」をクリックして、AMPページの基本設定をします。
 

general(一般設定)

管理画面の「AMP」をクリックして、「General」を選択すると次の画面になります。
ここでは、ロゴの設定とAMP対応するページを選択します。ロゴの設定は必須です。
 

 

アドセンス広告を利用する場合、広告を表示する位置に広告のコードを設定します。
 

 

Analytic(アナリティクス)

グーグル提供のアクセス解析ツール、アナリティクスを設定します。
 

 

Transelation Panel(翻訳=>日本語化)

ここでは、英語表記を日本語に変更することができます。
主要な部分のみ、日本語表記にしてみました。
 

 

SEO(検索エンジン最適化)

下図では、SEO対策として「All In One SEO Pack」を選択していますが、利用しているSEOプラグインを選択してください。
 

 

Performance(パフォーマンスの向上)

Minify」を有効にすることで、ファイルが圧縮され高速表示します。サイト表示速度を高速化する手法の一つです。
 

 
 

AMPページのデザイン変更

AMP for WP」プラグインでは、デザイン変更の機能が用意されています。大きな変更はできませんが、部分的な表示非表示、色変更等が可能です。
 

Themes(テーマの変更)

無料版では、4種のテーマが選択できます。
 

 

Design -> Global

AMPページでは、WordPressに設定しているテーマは読み込まれないので、必要な場合はここでCSSを追加して表示属性を指定します。
 

 
 

AMPページ用のグローバルメニューを作成する。

AMPページに表示される「ハンバーガーメニュー」を編集することができます。
メニューは管理画面の「外観」−「メニュー」で、通常のメニューと同様に作成することができます。
 

 
AMPページ用のメニューは、最下部に表示される「AMP Menu」のチェックが必要です。

 
 

AMP用アドセンス自動広告の設定

まず、グーグルアドセンスの管理画面で、AMP自動広告のコードを表示します。
 

 
手順2、手順3で設定に必要なスクリプトが表示されますので、「A」「B」の部分を、「AMP for WP」の「advanced settings」に下図のようにコピーして下さい。
 

 
Save Changes」クリックして保存すると、数日経過すると自動広告が表示されるようになります。

 
 

AMPページのテスト

作成したAMPページが有効化否かテストすることが必要です。テストは「Google Search Console」の「AMPテスト」ページにURLを入力してテストします。
 

 
次の画面は、サンプルページのテスト結果です。
 

 
ここでエラーが出るようでしたら、設定が間違っている、もしくは追加したウィジェット等がAMP対応していない等の原因が考えられます。
有効なAMPページになるように必ず修正が必要です。

 
 

最後に

AMP for WP」プラグインを利用すると、全ページを簡単にAMP対応にすることができます。
管理人のブログ(当サイトではありませんが・・・)も、作業時間10分でAMP対応にすることができ、テスト結果も「有効な AMP ページです」とまったく問題は出ませんでした。
そして、ページのデザインについては、無料版で充分な気もします。
 
ただし、サイトとしてAMP対応の効果が判断できるのは時間が必要なようです。AMP対応の効果については、後日ご報告ができればと思っています。
 
なお、当プラグインを利用したAMP対応について効果を保証するものではありません。AMP対応は自己責任でお願いします。

 

スポンサーリンク

同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA