WordPressや旅・買い物・勝手な情報!

サイトマップを自動で作成表示するWordPressプラグイン PS Auto Sitemap

サイトマップと聞くと、グーグルサイトマップが浮かびますね。グーグルサイトマップ(XML形式)は、検索ロボット用に作成するサイトマップです。
これに対して、サイト訪問者のサイトマップ(HTML形式)は、サイトを訪れたユーザーが、一覧表示で目的のページを探しやすくする機能です。よって、サイト訪問者のために常に最新のサイトマップページ作成することが必要になります。

 
しかしながら、記事作成ごとにサイトマップページに記事へのリンクを作成するのは面倒です。そこで、利用をオススメするのが自動でサイトマップページを作成してくれる「PS Auto Sitemap」プラグインです。

スポンサーリンク

 

PS Auto Sitemapプラグインのインストールと有効化

プラグイン」ー「新規追加」から、「PS Auto Sitemap」を検索してインストールし、そのまま有効化します。

 

PS Auto Sitemapプラグインの設定

サイトマップを表示させるには、サイトマップを表示させるページとプラグインに関しての設定が必要です。

 

表示させるページの設定

当作成例では、固定ページにサイトマップを設定することにします。表示させる固定ページを新規作成します。

下記の様に、固定ページに表示させるコードを記述します。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

なお、保存したら、この画面でページIDをコピーしておきましょう。
ページIDは、「固定ページ編集」のURLで確認できます。

https://www.○○○.com/wp-admin/post.php?post=27&action=edit

 

プラグインの設定

「設定」ー「PS Auto Sitemap」をクリックすると、次の画面になります。

※投稿IDまたはページIDの設定は必須事項です。

 

サイトマップの表示例

下図は当サイトのサイトマップの表示例です。

 
 

スポンサーリンク

同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA