WordPressや旅・買い物・勝手な情報!

移動式オービスでスピード違反取り締まり!15Kmオーバーで検挙か?

高速道路や幹線道路でよく見かけるオービス(自動速度違反取締装置)
管理人もドライブが好きなので、よく遠出をします。高速道路や自動車専用道路で「オービス」を発見すると、車のスピードメーターを確認して走行します。

 
管理人の周辺の車好きにも確認しましたが、「オービス」でスピード違反として検挙されるのは、それぞれ認識が異なりますが、大体30キロオーバーまでは大丈夫と思っているようです。
通説では一般道で30キロ/高速道で40キロ以上の速度超過でないと検挙されないというの一般的な認識のようです。

スポンサーリンク

 
管理人は走り屋ではありませんので、法定速度を守って運転しています。
しかし、一般道路となると速度超過していますね。制限速度30キロのところを40キロ以上で走行することはあり得ます。
標題の通り、移動式オービスで15キロオーバーで検挙された事例が掲載されていました。走行速度を正確に測れると機器ということなのか、誤差は見ないのかなど疑問があります。
また、この記事では後日呼びだしがあったとのこと。証拠として、オービスの写真が使われるのでしょうか?

 
「プレスリリース」には、こんな記事がありました。実際に検挙された人のインタビューが掲載されていて、ネットで話題になっているようです。

 
上図の取り締まりの写真をよく見ると、愛知県(蒲郡、国道23号等)と分かります。
移動式オービスは、東京都の他、埼玉県・岐阜県・愛知県・富山県・大分県・北海道・神奈川県・栃木県・静岡県・兵庫県・長野県・香川県・宮崎県・岩手県・秋田県で稼働中または導入が決定されているようです。
管理人の地域への導入も近いような気がします。

 
「移動式オービス」の詳細については下記を参照してください。
https://orbis-ido.com/info/

 
全国に配備され、こんご主流となるであろう「移動式オービス」は、「LSM-300」という機種で、「レーダー」ではなく「レーザー」を計測に利用しているそうです。
つまり、市販のレーダー探知機は反応しないとのこと。探知機があるから大丈夫と思っている人は、ご注意を!

 
愛知県の例ですが、ツイッターで一応、「移動式オービス」の写真付きでスピード違反取り締まり予告があるようですね。
ツイッターでの予告なら、フォローが必要かも…。

 
さて、管理人は安全運転なので必要を感じませんが、スピード違反取り締まりが気になってしようがない人には、「移動式オービスや覆面パトカーも1秒で共有できるオービスアプリ」なるものがあります。
ご興味があるならと掲載してみました。

 
 

スポンサーリンク

同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA