WordPressや旅・買い物・勝手な情報!

WordPressサイトの常時SSL化、本当に簡単です!

Google Chrome などの主要ブラウザが「このサイトへの接続は保護されていません」等のメッセージやアドレスバーの左に「保護されていない通信」と表示する機能が追加されています。

サイトの常時SSL化は、サイトのセキュリティ強化だけでなく、様々なメリットがあります。
 

サイトの常時SSL化のメリット

サイトの常時SSl化によって、次のようなメリットがあります。

スポンサーリンク
  1. ネット上のセキュティリスクへの対抗
  2. HTTP/2.0の利用でページ表示を高速化
  3. Googleの検索順位への好影響 等

 

サイトの常時SSL化しない場合のデメリット

サイトの常時SSl化しない場合、下記のようなデメリットがあります。つまり、常時SSl化した場合のメリットとも考えられます。

  1. サイト側がhttpsでないと、リファラを受け取れないのでアクセス解析の精度が落ちる
  2. ブラウザで注意表示がされる 等

 

サイトの常時SSLのための準備事項

サイトを常時SSL化するにあたり、WordPressで構築されたサイトの準備事項です。必ずしも必要ではありませんが、大事なサイト程、不測に事態にに対処出来るようにしておきましょう。

  1. 最新のWordPress、プラグインにしておく
  2. phpMyAdmin等でデータベスをバックアップしておく

 

SSL証明書の購入と設定

有料のSSL証明書の場合は、利用されているサーバーの会社へ申し込んで設定を依頼します。
無料独自SSLの場合は、サーバーの管理画面から設定追加ができます。今回の常時SSL化は、無料独自SSLで進めていくことにします。
 
無料独自SSLの設定方法については、各サーバーの説明を参照してください。
XSERVERの設定例

 
 

「Really Simple SSL」プラグインの導入

WordPressサイトの常時SSL化は、

  1. サーバーで独自SSL証明書を設定
  2. WordPressの基本設定をHTTPS://に変更
  3. テーマを必要部分を修正(テーマによっては不要な場合有り)
  4. 投稿・固定ページ内のリンクを修正(通常は置換プラグインで一括置換します)
  5. .htaccessファイルでリダイレクト処理を行う

を順に作業しますが、「Really Simple SSL」プラグインは、2〜5の作業をワンクリックで行ってくれ、すごく簡単に終了します。
プラグインは管理画面の「プラグイン」ー「プラグインの追加」から、検索インストール・有効化してください。

 
 

サイトを常時SSLに移行する。

準備が終わったら、「Really Simple SSL」プラグインの設定画面で、移行を実施します。

 
 

無事、SSL化に成功

Really Simple SSL」プラグインを利用すると、ワンクリックで移行が終了します。
なんと、簡単なことか!!

 
 

サイトの常時SSL化後の作業

 

Google AnalyticsでのURL変更

Google AnalyticsでプロパティビューサイトURLを、http://からhttps://へ変更します。
 

Search Consoleへ常時SSl化したサイトを登録

常時SSl化したサイトは新らしくプロパティを追加する必要があります。また、Googleアナリティクスのプロパティとの関連付けも忘れずに!!

 
 

スポンサーリンク

同ジャンル・関連ページ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA